RJtest
今年は本を何冊読んだかなと思って読書メーターを辿ってみると、37冊だった。ここ数年は20冊ちょっとで推移していたので、少し多めに読めたと思う。数えてもあまり意味ないんだけど、自分内の昨年や一昨年と比較が可能になるのは面白い。

もう1~2冊読むかもしれない。昨日、かなり前に薦められたモーパッサンの怪奇短編集のことをふと思い出し、電子書籍で購入した。物理書籍では手に入りにくいものだが、薦めてもらった当時の僕は電子書籍を読む習慣がなく、別の短編集を読んで何となく事足れりとしていたのだ。今は、キンドルは持ってないけどiPhoneのキンドルアプリで読める。

読めるけど、依然あまり使っていない。資料の類は紙で欲しいのが多いからだ。でも今回、思いついた時にぱっと買って読めるのはいいなと思った。

物理書籍をAmazonで買うと、当然ながら荷物の受け取りが発生し、外出した隙に不在票が入ってしまったりと面倒になる。「玄関に荷物が届くのさえ面倒」というのは、ちょっとすごいステージかもしれないと思うが、「思いついたときにやりたい」というのは性格でもあるので、今後はもっと使っていくかもしれない。

来年もこれくらいは読めるといいが。