今日はコミティアで並べる用の絵を描いていました。
看板で何回か試した、ダンボールにポスカラの白で塗るスタイルに、
細かめの描き込みと墨汁ベタをプラス。
何風なんだか分からない形式になりました。




L判写真サイズです。
墨汁をテカるように使って肉筆っぽさを出そうという、こざかしい工夫があります。
デジ絵の仕上げで、何かのテクスチャをオーバーレイで重ねたりするあれです。

販売するつもりで描いたのに、
愛着が出てきて手放したくなくなってきてしまいました。
どうしよう……。




前回のコミティアで作った看板と同じ図柄です。
ルーカス・クラーナハのユディトを元にしていますが、
クラーナハのユディトは似たような構図で沢山バリエーションがあるので、
そういう「手描き量産」っぽさをやっていきたいと思ってこれにしました。
思っただけで、まだ一枚目です。

明日、もう一枚別のを描けたらいいな……。
とにかく何らかをコミティアに持って行こうと思います。