スーファミカセットのパッケージっぽくなりましたが偶然です。
ポートフォリオ的なものを作ろうと思って、
4年前に書いた漫画「オズの希望使」のキャラを描きました。

エスペラント語バトル漫画ですが、
学習漫画になってないので意味不明だと思います。

~キャラクター紹介~
中央:泥島モモ → 就活生。
左:ラザロ → 記憶がない人。
右:ミドリ → 思い切りが足りないワニ。
奥:メロンヘッド → 鉄面皮とも呼ばれる不審者。

エスペラントは人工言語なので、
誰にとっても外国語です。
ゆえに覚えやすく、使いやすいよう工夫されています。
造語法もその一つ。
新語を簡単に作れるようにすることで、
語彙の少なさをカバー出来るのです。

 「語尾をiからoに変えると動詞が名詞に変わる」
 「語頭にmal-を付けると反対語になる」

とかです。
勿論、造語法はふつうの言語にもありますが、
エスペラントは例外が無いのがいいところです。

この漫画では、戦闘力の代わりに「造語の力」があって、
動作を物体に変えたり、属性を反転したりして戦うのです。

その説明、漫画の中でしろ。

本編はこちら(16ページ)