原題「大童子鮭ぬすみたる事」。

怪人が下品なギャグを飛ばす恒例のパターン。
全く言い訳になってないのが潔い。

現代では、女性器ギャグは男性器ギャグよりタブー度高いですが、
宇治拾遺物語に躊躇はありません。

「大童子」というのは、寺に仕える童子のうち年かさの者をさすようです。
稚児と違って可愛らしい存在ではありません。
この話の大童子なんかは

 「頭頂部が禿げていて、ショボくれてむさ苦しい、風采の上がらない奴」

とさんざんな描写です。

オネエキャラとは書いてないですが、元稚児という解釈があり、
またオチで自分を女御に喩えているとも取れるので、
そう描いてみました。