漫訳・宇治拾遺物語「鬼に瘤取られること」

原題「鬼に瘤取らるる事」。

いわゆる「瘤取り爺さん」です。

最初の爺さんが、「瘤を質にする」と言われて
とっさに惜しんでみせるのが結構狡猾。
鬼との約束を守る気は無いことが分かる。

二人目の爺さんは、
別に悪人という訳でもないのでちょっと可哀想です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です