漫訳・宇治拾遺物語「ひらたけ法師のこと」




原題「丹波国篠村に平茸の生ふる事」。

唐突な平茸ディス。
しかも「不良法師は平茸に生まれ変わる」という驚愕の事実。

その通りだとしても、平茸として役に立っていたのだから
「食べない方が良い」という結論はどうなのか……。
いまいち釈然としない。

不気味な味わいのあるエピソードです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です