コミティア129のこと


 
お陰様で、週末のコミティアは盛況(当社比)のうちに終えることができました。
 
本の厚さがいつもと違うためダンボールの個数を読み違え、二個口で届いてしまって「うっ…撤収時に二個分の送料がかかるのか…しかも片方はおそらく開封してもいない状態で……」というスタートでしたが、最終的に一箱分がちょうど無くなり、すっきり返送できる形になりました。
 
手に取っていただいた皆様におかれましては、まことにありがとうございます。今回は印刷費も大きめだったので不安でしたが、この本に関しては、不安を感じずに残部を取り扱って行けそうです。委託、通販、電子書籍などの対応を予定しています。
 
カラーらしいカラー表紙、自分で組版、遠隔入稿など、初めてやることが意外に多く、新鮮でした。どれも「5年やってて今初めて?」というようなことですが、たまたまやる機会がなく。「けむり」の表紙も一応カラー印刷ではあるんですが、モノクロ的な図案なので……。反省点も色々あるので、気持ちを新たにやっていきたいと思います。
 
今後ともよろしくお願いいたします。


2件のコメント

  1. コミティア参加お疲れさまでした。
    帰りの新幹線の中で一気に読み終えましたが、自分の嗜好を再認識する一冊となりました。
    個々の感想はティアズマガジンのP&Rへの投稿後にでも。

    1. 遠路をお越しいただきありがとうございます。実のところ、試行錯誤しているつもりでいて、まとめてみると同じことを繰り返している面もあり、我ながら嗜好が見えてくる思いがあります。気持ちとしては、色々なことをやってみたいものです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です