原題「秦兼久通俊卿の許に向かひて悪口する事」。

藤原通俊が「後拾遺和歌集」を編纂した時の話、とされています。
自作を披露しに来た男は秦兼久なる人物。

歌をけなされて怒り、わざと伝わるように悪口を言う兼久。
壮絶な批評戦が始まる……と思いきや、あっさり折れる通俊。

兼久が面倒臭いヤツなのか、
通俊の歌力が実際低いのか、判然としません。

結局、「後拾遺」にこの歌は入っていないようです。